管理者用覚書

Streaming Server / FreeBSD-5.2.1-RELEASE ( 2004.6 )
工学部 教育センターそのほかサーバー > stream
工学部 教育センター サイトマップ

OSのインストール
CVSUP(ports更新ユーティリティ)
Darwin Streaming Server(DSS)
ストリーミングデータの HTML 埋め込み
Apache 2 (WebDAV)
Apache 2 (mod_auth_external + pwauth)
定時に音楽を流す
iTunes のための音楽ファイル共有サーバ (mt-daapd)
データバックアップ
UPS電源(三菱 FW-F10-0.5K)

OSのインストール

FreeBSD-5.2.1-RELEASEをインストールする。
特記事項なし。

ディスプレイやキーボードなどを接続せずに起動できるよう、BIOSの設定を変更する。
FDD, CD-ROM ドライブなども内蔵しない。これらが必要になればUSB接続で使用。

▲このページのトップにもどる


CVSUP(ports更新ユーティリティ)

各アプリケーションをインストールするのに FreeBSD の ports コレクションを利用する。 cvsup は ports を最新の状態にするためのユーティリティである。

package より cvsup をインストールする。
% mkdir /usr/local/etc/cvsup
% mkdir /usr/local/etc/cvsup/sup

/usr/local/etc/cvsup/ports-supfile にてports-all と記述。
/usr/local/etc/cvsup/sup/refuse に不要なツリーを記述。
ports/arabic, ports/chinese, ports/french などなど。

/etc/make.conf に以下を追加
SUP_UPDATE=yes
SUP=/uar/local/bin/cvsup
SUPFLAGS=-g -L 2
SUPHOST=cvsup.FreeBSD.org
PORTSSUPFILE=/usr/local/etc/cvsup/ports-supfile

% cd /usr/ports
% make update

▲このページのトップにもどる


Darwin Streaming Server(DSS)

アップル社の Quick Time Streaming Server (QTSS) のオープンソース版である。
まず cvsup にて ports を最新の状態にしておく。
Apple のサイトから DarwinStreamingSrc*.tar.gz をダウンロードする。
ダウンロードするには Apple ID を登録する必要がある。
ダウンロードしたファイルを /usr/ports/distfiles に置く。

% cd /usr/ports/net/DarwinStreamingServer
% make; make install

/etc/rc.conf にて
darwin_streaming_server_enable="YES"
darwin_streaming_server_flags=" "
streamingadminserver_enable="YES"
streamingadminserver_flags=" "

管理者を作る。
% /usr/local/bin/qtpasswd -c -A admin ****
パスワードを設定。

% chown qtss:qtss /usr/local/etc/streaming/qt*

サーバ起動。
http://127.0.0.1:1220/にアクセスし、管理画面にログイン。

データディレクトリは /*/*/*/DarwinStremingServer/movies
使用するポートは
80http
(554rtsp)

▲このページのトップにもどる


ストリーミングデータの HTML 埋め込み

ストリーミングサーバ stream にて open.mp4 というストリーミングヒント情報を つけた動画ファイルを配信する場合。

メタファイルの作成

rtsptext
rtsp://stream.eng-scl.setsunan.ac.jp:80/open.mp4

と記述したテキストファイルを作成し,拡張子 mov をつけたファイル名で保存する。 ここでは test.mov とする。これを Web サーバ sprite 上においたとする。

HTMLへの埋め込み

< embed src="http://sprite.eng-scl.setsunan.ac.jp/test.mov" width="320" height="256" autoplay="true" controller="true" PLUGINSPAGE="http://www.apple.com/quicktime/download/"> < /embed >

Real Player で再生する

QuickTime 用のメタファイルから第1行を削除し,拡張子 ram をつけて保存。

埋め込み型ではうまく行かない(2005.3.28現在)
< a href="test.ram" width=320 height=256 > Real Player で再生 < /a >
のように記述。なお,Windows 用の無償版では再生できないようす。

▲このページのトップにもどる


Apache2 (WebDAV)

ビデオコンテンツデータのアップロードにWebDAVを利用する。
このため apache2 をインストール。
まず cvsup にて ports を最新の状態にしておく。

% cd /usr/ports/www/apache2
% make; make install

DAVLock ファイルを入れるディレクトリを準備する。
% mkdir /var/lock/DAV
% touch /var/lock/DAV/DAVLock
% chown -R www:www /var/lock/DAV

WebDAV用の共有ディレクトリを設定する。今回は
/*/*/*/DarwinStreamingServer とする。
www が読み書きできるようにパーミッションを設定

パスワードファイルの作成
htpasswd -c .htpasswd (ユーザ名)

/usr/local/etc/apache2/httpd.conf にて
DSS が 80 番ポートを使用するので 8080 を listen するように設定する。
mod_dav ,mod_dav_fs モジュールをロードするように設定。(アンコメントするだけで良い。)

DAVLockDB /var/lock/DAV/DAVLock
DAVMinTimeout 600
Alias /AAA /*/*/*/DarwinStreamingServer
< Location "/AAA" >
DAV On
Header add MS-Author-Via "DAV"
ForceType text/plain
AllowOverride None
Order Deny,Allow
deny from all
allow from .setsunan.ac.jp
AuthUderFile /*/*/.htpasswd
AuthGroupFile /dev/null
AuthName "Stream Web Holder"
AuthType Basic
require user aaa bbb ccc
< /Location >

▲このページのトップにもどる


Apache2 (mod_auth_external + pwauth)

WebDAVのBasic認証にNISを利用する。

mod_auth_external をインストール。

% cd /usr/ports/www/mod_auth_external2 (apache2用)
% make install clean

pwquth をインストール。

% cd /usr/ports/security/pwauth
% make install clean

pam の設定
特に必要ないが,/etc/pam.d に pwauthというファイルを作成し

auth required pam_unix.so
account required pam_unix.so

httpd.conf にて

LoadModule auth_external_module libexec/mod_auth_external.so
AddExternalAuth pwauth /usr/local/bin/pwauth
AddExternalAuthMethod pwauth pipe

また,WebDAV公開するディレクトリの設定箇所にて

<Location >
.................
AuthExternal pwauth AuthGroupFile /dev/null
AuthType Basic
require valid-user
< /Location >

▲このページのトップにもどる


定時に音楽を流す

月曜日から金曜日までの 12:10, 16:10, 19:00 と土曜日の12:00, 14:00 に音楽を流す。
5 inch ベイにステレオスピーカを装着。
音源ドライバ pcm を有効にするようカーネルを再構築する。
mp3 フォーマットの音楽ファイルを再生するため,mpg123 をインストールする。

% cd /usr/ports/audio/mpg123
% make; make install

適当なディレクトリに mp3 ファイルを置く。
/etc/crontab にて

minutehourmdaymonthwdaywhocommand
1012**1-5root/usr/local/bin/mpg123 filename.mp3
1016**1-5root/usr/local/bin/mpg123 filename.mp3
019**1-5root/usr/local/bin/mpg123 filename.mp3
012**6root/usr/local/bin/mpg123 filename.mp3
014**6root/usr/local/bin/mpg123 filename.mp3

▲このページのトップにもどる


iTunes のための音楽ファイル共有サーバ (mt-daapd)

アップル社 iTunes の音楽共有機能のための DAAP(Digital Audio Access Protocol) サーバを FreeBSD で用意する
まず Howl-0.9.5 (Zeroconf/Rendezvous implementation) をインストール

% cd /usr/ports/net/howl
% make install clean

次に libid3tag-0.15.1b (ID3 tags library) をインストール

% cd /usr/ports/audio/libid3tag
% make install clean

最後に mt-daapd-0.1.1 (DAAPファイル共有サーバ)

% cd /usr/ports/audio/mt-daapd
% make install clean

/usr/local/etc/mt-daapd.conf にて

web_root/usr/local/share/mt-daapd/admin-root
port3689
admin_pw *******
db_dir/usr/local/var/mt-daapd/db
mp3_dir/usr/local/share/mt-daapd/mp3
servernameSCL-stream
runasdaapd
playlist/usr/local/etc/mt-daapd.playlist
extensions .mp3,.m4a,.m4p
logfile/var/log/mt-daapd.log

(*設定ファイル内に空白行などよけいな記述があるとサーバが起動しないので注意)

mp3_dir に音楽ファイル ***.mp3 を置く。

mt-daapd を起動する。

%/usr/local/etc/rc.d/mt-daapd.sh start

▲このページのトップにもどる


データバックアップ

sprite のデータを定期的に stream にバックアップする。

stream にて

rsync をインストールする。
% cd /usr/ports/net/rsync
% make; make install

/etc/ssh/sshd_config にて「PermitRootLogin without-password」

sprite にて

# ssh-keygen -f /root/.ssh/sprite-stream_rsaid -t rsa
パスフレーズはなし。できあがった sprite-stream_rsaid.pub を
stream の /root/.ssh/authorized_keys とする。
% ssh -i /root/.ssh/sprite-stream_rsaid stream で stream にログインできることを確認。

バックアップスクリプト

#!/bin/sh
# /etc/backup.weekly

if [ `/bin/hostname` = sprite ]; then
/usr/bin/rsync -e "ssh -i /root/.ssh/sprite-stream_rsaid" -auvzH --delete /SCL-SHARED stream:/backup/
/usr/bin/rsync -e "ssh -i /root/.ssh/sprite-stream_rsaid' -auvzH --delete /usr/local/apache/htdocs stream:/backup/
fi

cron で毎週月曜日の明け方に実行

% crontab -e
#minitehourmdaymonthwdaycommand
304**1/etc/backup.weekly

(参考)ルートパーティション以下を一つのファイルにまとめる

% tar -zcf rootfs.tar.gz -C / . --one-file-system

▲このページのトップにもどる


UPS電源(三菱 FW-F10-0.5K)

停電時に UPS 電源からの信号を受けて,自動でパソコンおよび UPS 電源自身をシャットダウンする。
FW-F10-0.5K とパソコン ( stream ) を付属のシリアルケーブルで接続する。
ディップスイッチの1番と2番を on にする。
三菱のホームページより FreeBSD 用のソフト,freqship-mini ( sdwn_bsd2.tar.gz ) をダウンロードする。
stream 上の適当な場所で展開する。

% tar xvzf sdwn_bsd2.tar.gz

freqship というディレクトリができる。その中の freqship/daemon/freqshipmain.c および freqship/upsshutdown/upsshutdown.c において,

#include <varargs.h> の部分を #include <stdarg.h> に書き換える。
(※2006年現在のバージョンでは変更されている。)

% ./configure
UPS connection [/dev/ttyd0]: ( return )
Install destination [/sbin]: ( return )
UPS model
 1 : FREQUPS-F
 2 : FREQUPS-A(UPS-SW1 OFF)
 3 : FREQUPS-M
 4 : FREQUPS-P
UPS model(1 or 2 or 3 or 4) [1]: ( return )
UPS shutdown delay [60]: ( return )
Please, type 'make' and 'make install'
% make
% make install

起動スクリプトが /etc/rc.local にできている。
shutdown 時の作業は /etc/rc.shutdown.freqship と /etc/rc.freqdown。
先に sprite をリモートシャットダウンするように,/etc/rc.shutdown に下記を記述。

# Insert other shutdown procedures here
/usr/bin/ssh -i /root/.ssh/stream-sprite_rsaid sprite /sbin/shutdown -h now

UPS デーモンの設定ファイルは /etc/freqship 以下にある。

▲このページのトップにもどる


摂南大学 学習支援センター/教育センター(寝屋川) トップページへ戻る
学習支援センター ホーム Copyright (C) 2004-2017 Academic Support Center, Setsunan University, All Rights Reserved.

サイト内

powerd by apache
ASC
トップ
お知らせ
学習相談
講座&ラーニングコモンズ
入学前講習
教育開発
スタッフ
Download
Video
Video
リンク
そのほか
学習支援センターにようこそ!
学内BBS
月報
学会発表
関連記事
摂南大学

Last Updated 2017.01.16
RSS フィード